TOPICS

公共交通機関の旅 新着記事

1件〜50件

  • 読者になる
  • 雲が多く…

    冷え込みました...

    オヤジ

    オヤジ鉄道記

    読者になる
  • 東日本急行 高速仙台ー一関線に乗る(仙台駅→一ノ関駅)

    24日の常磐線の乗下車活動を終え、仙台に出た後、表記のバスに乗った。 青春18きっぷであったので、そのまま一ノ関まで普通列車を乗り継げばいいが、 地方の高速バスは新鮮なので、乗車を選択した。 新幹線・

    鉄乗り復活

    駅乗下車と旅行貯金と簡易乗りバス記

    読者になる
  • 家族で修善寺に来ています。#家族旅行 #伊豆#修善寺 #紅葉#そば #朴念仁

    この投稿をInstagramで見る smilemorry(@smilemorry)がシェアした投稿 - 2019年De…

    smilemorry

    smilemorryのゴロンとブログ

    読者になる
  • 世界一周第5レグ 猛暑のビクトリアフォールズへ アフリカならではの荒野に突入! SA40 20191012

    世界一周第5レグ ケープタウンから乗り継いだヨハネスブルグ~ビクトリアフォールズの搭乗記です。機窓に現れたのは荒野!ビクトリアフォールズ空港での大混雑には頭を抱えましたが、早くもここで動物たちや滝に出会うことができ、最もアフリカらしさを感じた空港でした。

    米福

    Fuku's POV

    読者になる
  • MORETTI☆今日のお酒☆ビッラ モレッティ

    クラウドファンディングで世界一周は出来るか?世界一周のやり方は?というテーマでブログをリニューアルしました!

    すけさん

    気ままな旅人〜carefree journey〜

    読者になる
  • 読者になる
  • 読者になる
  • 北上で小休憩

    眼を覚ましたのは終点 北上につく寸前だったので かなり寝ていたようですね。 ほっとゆだから列車は順調に走り 定刻通り15時20分に北上に到着し ホームへ降りました。 先ほどのほっとゆだよりは 幾分寒さが和らいだようです。 しかし東北なので寒くないわけも無く 足早に寒さをしのげる所へ移動しました。 次の列車までは30分ほど時間があるので とりあえず…

    眺鉄の懐かし鉄道旅行記

    眺鉄の鉄道旅行記

    読者になる
  • 秋色…

    冷えてきた...

    オヤジ

    オヤジ鉄道記

    読者になる
  • 2019年6月・北海道旅 その1~1日目 出発-新千歳空港~

    今回は2019年6月・北海道旅 その1です。6月の終わり、北海道に2泊3日の旅に出ました。スタートは羽田空港から。飛行機で新千歳空港に向かいます。搭乗通路ですでにはしゃぐw90年代後半のtkファミリーのMVに出てくる人というテーマで1枚(?)着席。窓からはソラシドの機体が見えました。こちらにはAIRDOぼんやりいろいろ見てたら…離陸。新千歳空港に到着。いざ北海道旅が始まります!バス乗り場で時刻を調べるため外へ。なんとなく...

    まつま

    鉄子と呼ばれているような NEO

    読者になる
  • 世界一周 第4レグ 国内線でも豪華 南アフリカが誇る早朝便のビジネスクラス

    10月12日に搭乗したSA302便の搭乗記。乗り継ぎのため朝早くの便に搭乗しましたが、国内線でもビジネスクラスに相応しいサービスがありました。搭乗時間の早さや沖止めの対応など日本とはまた一味違う南アフリカ航空のこだわりを実感です。

    米福

    Fuku's POV

    読者になる
  • 2019年8月 イサーンマンカー号でラオスへ行く。 3

    「2019年8月11日 バンコク」21:25に飛行機が到着して、30分以内に外に出られました。それでも22時。電車でアジトまで行くのは面倒くさいなあ。で、昨晩、ま~くさんに教えてもらったリムジンを思い出したわけ。1200バーツ(4152円)したけれど、往復で頼むと帰りは960バー

    Dr.鉄路迷

    亜州鉄道日記

    読者になる
  • 読者になる
  • 北上線を完乗です

    散策からほっとゆだに戻ると かなりの人が集まっています。 どうやら次の列車に乗る人たちらしく ここから先だいぶ不…

    眺鉄の懐かし鉄道旅行記

    眺鉄の鉄道旅行記

    読者になる
  • 曇り空…

    雨が降ったり、虹が出たり、、...

    オヤジ

    オヤジ鉄道記

    読者になる
  • 読者になる
  • 【日帰り徳島③】徳島→大阪2200円!南海フェリーに乗ってみた!

    前回、高速バスで京都から鳴門公園口まで移動し、鳴門海峡を見学して来ました。今回の記事では関西への帰り道に乗った南海フェリーについて書こうと思います。路線バスで徳島駅へとやってきました。11月下旬でしたがまだまだ四国は温かかったですね。次回は18きっぷを利用して、鉄路のみで徳島にアクセスしてみたいですね〜 南海フェリーターミナルまでは毎時2本ほど路線バスが出ています市営バスなので均一運賃でした。フェリーターミナルは割と簡素な作り。今回高速バスではなく南海フェリーを利用した理由がこちら。なんとフェリーの運賃で南海電鉄にタダで乗せてくれる「徳島好きっぷ」という企画切符があるんです!これを利用しない手…

    福井の旅人

    福井の旅人の終末旅行記

    読者になる
  • 2019年初夏・たべものいろいろ

    今回は恒例のシリーズである食べものコーナー。今年の夏前くらいに食べたものをいくつかご紹介します。仙台旅で買った阿部かまのひょうたん揚げかまぼこを衣につけて揚げたものでした。かまぼこアメリカンドック的な?お味。推しのインスタにホイホイつられて買ったお品なので、味のおいしさより、ただただごきげんです。こちらも仙台で買ったクマの手シューラスク仙台のムッシュマスノアルパジョンというお店の商品です。1パティ...

    まつま

    鉄子と呼ばれているような NEO

    読者になる
  • 宮崎旅行4 白鳥温泉上湯

    宮崎駅でレンタカーを借りて出発。およそ2時間半かけて、えびの市を目指しました。 到着したのがこちらの山の上。 ここが、温泉への入口の様です。 目的地「白鳥温泉…

    短パン旅行

    気ままに 短パン旅行

    読者になる
  • the taxi 現場編1ー2

    先回お話しましたタクシーメーター。これについて、もう少しお話したいと思います。タクシーはお客様が乗車すれば「実車」ボタン。すると賃走(実車)が始まります。輸送中のタクシーは賃走で走っているはずです。(例外あり)タクシーも初乗り(私共は2㎞圏内)の適用。その後は、時間か距離のどちらかで、料金が上がります。速度約10㎞を境に、速い方が距離運賃(私共は数百㍍ごと)。遅い方が時間運賃(私共は約1分半)。だから渋滞でも上がるんですよね。タクシーも管理職が高く、大量輸送も出来ない為、その分高くなるのでしょう。安くしても、人があふれ、タクシーが足りなくなる恐れもあります。現状、タクシーしか無い人の為の、交通手段なんだと思います。そう思えば高くは無いかもとも...お迎えの場合は「迎車」でスタート。乗車されたら「賃走」にします...thetaxi現場編1ー2

    Blog Vehicle Garden

    Blog Vehicle Garden

    読者になる
  • 世界一周第3レグ 赤道からアフリカ最南端! エコノミーでも充実のSQ SQ478 20191007

    世界一周第3レグ、10月7日に搭乗したSQ478便の搭乗記です。このフライトは通路側のためあまり機窓は映せませんでしたが、SQの要素が大きく詰まった1便だと感じます。ケープタウンまで13時間越え。初めての経由便も経験しました。

    米福

    Fuku's POV

    読者になる
  • 読者になる
  • 常磐線代行バスに乗る(2回目 富岡駅→小高駅)

    7月4日の常磐線の活動で乗った代行バスについて記す。 ​過去にも​常磐線代行バスに乗っていて、今回は2回目である。 運行は引き続き、浜通り交通が担当している。 現在は5.5往復の運行であるが、乗車の富岡10:25

    鉄乗り復活

    駅乗下車と旅行貯金と簡易乗りバス記

    読者になる
  • 旅行を通して2019年を振り返る

    早いもので2019年もあとひと月で終わろうとしている。思えば1月に2019年が始まってから日本各地を渡り歩いてきたような気がする。今回は備忘録代わりに今年の旅行を軽く振り返ろうと思う。①1月 京都旅行(ついでに岡山)新年初っ端の1月2日、初

    らるりんたす

    らるりんたす公式ブログ

    読者になる
  • ほっとゆだ<img src="/_images_e/e/EF95.gif" alt="温泉" width="15" height="15" border="0" />を満喫

    さて、かなりの寒さなので さっさと雪を避けられる所に戻り いよいよ温泉に入ることにします。 入湯料を払って脱衣所に入ると 銭湯と変わらない設備ではありますが、 匂いが少し温泉しています 早くも浸かったような気分になりますが、 実際浸かるとどうなのでしょうね(^^) 中に…

    眺鉄の懐かし鉄道旅行記

    眺鉄の鉄道旅行記

    読者になる

「旅行ブログ」 カテゴリー一覧