searchカテゴリー選択
chevron_left

「旅行」カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel

にごり湯 トップ

TOP help

続きを見る

  • 画家の足跡を辿って

    画家の足跡を辿って

    画家の足跡を辿って旅行に行った。 近所に画家のゆかりの場所がある。 など、画家と同じ景色を見たという記事を集めてみませんか??? モネ、ゴッホ、ゴーギャン、シスレー、ルノワール、ルイスダール、フェルメール。 風景を描いた画家は数知れず、また画家それぞれゆかりの場所も数知れず。 「画家の場所」にまつわるトラックバック大歓迎です!!!

    テーマ投稿数 61件

    参加メンバー 17人

  • 塩見縄手

    塩見縄手

    松江城北側の内堀に沿った一帯で、市の伝統美観地区。日本の道100選にも選ばれている代表的な松江の観光スポット。かつては中級藩士の武家屋敷が並んでいた地域で、堀川沿いに老松が立ち並び、今も城下町の風情を残している。周辺には、小泉八雲記念館や八雲旧居、武家屋敷、田部美術館など見どころ満載。 

    テーマ投稿数 3件

    参加メンバー 2人

  • 松江フォーゲルパーク

    松江フォーゲルパーク

    松江フォーゲルパークは、世界でもめずらしい花と鳥の公園です。フォーゲルとはドイツ語で鳥を意味します。花の展示温室は、世界最大級の規模で、年中満開の数千種のベゴニア・フクシアを中心とする花の別天地が楽しめます。また、2つの鳥の温室をはじめ園内各所でたくさん(約百種)の鳥たちとであえます。

    テーマ投稿数 3件

    参加メンバー 2人

  • 出雲ドーム

    出雲ドーム

    出雲ドームは、日本の島根県出雲市の出雲健康公園内にある多目的ドーム施設。施設は出雲市が所有し、NPO法人出雲スポーツ振興21が指定管理者として運営管理を行っている。

    テーマ投稿数 1件

    参加メンバー 1人

  • 兼六園

    兼六園

    兼六園は、石川県金沢市にある日本庭園。広さ約3万坪、江戸時代を代表する池泉回遊式庭園としてその特徴をよく残している。国の特別名勝に指定されている。岡山市の後楽園と水戸市の偕楽園と並んで、日本三名園の一つに数えられる。金沢市の中心部に位置し、旧百間堀を道路とした百間堀通りを橋で渡ったところの石川門から、金沢城を復元中の金沢城公園へと続いている。

    テーマ投稿数 35件

    参加メンバー 23人

  • 長町武家屋敷跡

    長町武家屋敷跡

    石川県金沢市長町。近代的なビルが建ち並ぶ香林坊を一歩裏通りに入ると江戸時代に迷い込んだような長町武家屋敷跡が続いている。ここは、加賀藩士の中・下級武士が住居を構えた地域で、現在も各屋敷で生活が営まれている。家を囲む土塀や用水のせせらぎ、風情あふれる石畳に、城下町の歴史を感じながらそぞろ歩きを楽しみたい。

    テーマ投稿数 7件

    参加メンバー 5人

  • 千里浜なぎさドライブウェイ

    千里浜なぎさドライブウェイ

    千里浜なぎさドライブウェイは、石川県羽咋郡宝達志水町今浜から同県羽咋市千里浜町に至る延長約8kmの観光道路である。日本で唯一、一般の自動車やバスでも、砂浜の波打ち際を走ることができる道路として、広く知られている。このため、映画やCFなどの撮影にも使われる。アクセスは、能登有料道路の千里浜ICや、今浜ICが便利。通行料は無料。

    テーマ投稿数 9件

    参加メンバー 8人

  • ひがし茶屋街

    ひがし茶屋街

    石川県金沢市東山。かつての東の廓。廓といっても、伝統と格式を誇り、文人や裕福な商人たちの社交場で、芸妓たちも琴や謡曲、茶の湯など京都の祇園に並ぶ洗練された芸を身に付けていた。石畳の通りの両側には細かい木虫籠格子のはまった家々が軒を連ね、情緒たっぷり。一見[いちげん]さんはお断りだが、今も営業している料亭があり、夕方になると三味線や太鼓の音が静かに流れてくる。2001年に国の重要伝統的建造物群保存地区に指定された。

    テーマ投稿数 17件

    参加メンバー 12人

  • 川中島

    川中島

    長野県長野市の犀川と千曲川に囲まれた三角地帯の地名。戦国時代にここで武田信玄と上杉謙信による川中島の戦いが行われたことで有名で、現在川中島古戦場として観光名所になっている。八幡原史跡公園。

    テーマ投稿数 74件

    参加メンバー 10人

  • 城崎温泉

    城崎温泉

    城崎温泉は兵庫県豊岡市城崎町にある温泉。 平安時代から知られている温泉で1300年の歴史をもつ。江戸時代には海内第一泉と呼ばれていて、今もその碑が残る。明治以後も文人墨客に愛され、『城の崎にて』を書いた志賀直哉、作家・有島武郎をはじめとする多数の文豪が来訪。

    テーマ投稿数 49件

    参加メンバー 14人

続きを見る

続きを見る

「旅行ブログ」 カテゴリー一覧(参加人数順)