TOPICS

フランス旅行 新着記事

1件〜50件

  • アレーヌ通り界隈(5区) Rue des Arènesの邸宅へ

    アレーヌを御紹介した日の午前中に裏通りへ散策に出かけた。実はちょっと気になっていた場所があったのだ。裏手の門を抜けてへ出る。近くにあるはずだとは思っていたけれ…

    vingt-sann

    PARISから遠く離れていても…(2018年6月旅行記)

    読者になる
  • またバッグ

    私の楽しいこと♪

    ラベンダー

    Lavender days

    読者になる
  • 三宿「新記」の香港麺

    昨日は、一昨日のプロモーションDVD編集作業で体中に疲れが回っていた。編集自体は私がやったわけではないが、あらかじめ数10本のDVDから編集用の素材を選別し、…

    アトリエ・エルスール

    野村眞里子のブログ「オラ・デル・テ」

    読者になる
  • お日柄を気にするべきなのかの話

    小さなお披露目を東京でするとしましょう。そしてありがたいことに、家族や友人も来てもらえるとしましょう。ありがたい想定ですが、今はそのつもりで準備していますから、そう思うことにしましょう。 そうなるとわたし達のお披露目会は必然的に国際的になります。国際的になるということは、多かれ少なかれ「風変わり」な会になるということです。その風変わりさが、「国際的でエキゾチック」な範囲で済むのか、(東京出身の人からみたら)「常識知らずで恥ずかしい」ことになるのか……その間の境界はどうやって見分けたらいいのでしょうか。 事例としてのお日柄 例えば日本語に通じた出席者を期待している場合に、いわゆる「お日柄」を気に…

    CDGHND

    CDG-HNDな遠距離国際恋愛日記

    読者になる
  • 【1月18日大規模スト45日目】パリ公共交通機関の運行状況まとめ

    昨年12月5日からフランスではゼネストが続いています。パリ交通公団(RATP)、フランス国鉄(SNCF)なども一斉にストライキを行い、45日目も継続される予定です。本日発表されたパリを中心とした2020年1月18日の公共交通機関の運行情報をお伝え...

    『地球の歩き方』フランス/パリ特派員

    『地球の歩き方』フランス/パリ特派員ブログ

    読者になる
  • モノプリのエコバッグ

    Bonjour まあまあ長い滞在で荷物も多い〜 冬は本当にこれだから嫌だ。 お土産だって買いますし荷物は増える一方です 毎回買うお土産は人気のモノプリエコバック 年ごとに新しいデザインも出てしかも使いやすい

    nina27

    フランス的ライフスタイル

    読者になる
  • 家庭で簡単に焼きたてパン、ピカール(Picard)の冷凍クロワッサン。

    ボンジュール! フランスワーホリ中のタカです。 パン職人の特権といえば、窯から出たばかりの、ホッカホカの焼きたてパンを食べれる事です(*'ω'*) 一般的にバゲットは焼きたてが一番美味しく、食パンなどは粗熱が取れてからが一番美味しいと言われています。 ですが僕は、バゲットはもちろんどんなパンも焼きたてが一番美味しいと思います! 火傷しそうなほどアツアツのパンにかじりつく幸せは、何度味わっても飽きません。 ピカールの冷凍クロワッサンなら、そんな最高の贅沢が家庭でも気軽にできます! ピカールについて 作り方 まとめ ピカールについて この投稿をInstagramで見る . 本日はクロワッサンの日!…

    taka

    若手ブーランジェの日々

    読者になる
  • 南米お土産特集

    もふもふークスコで買ったアルパカちゃんこれもクスコのお土産屋で、アディダスではない背中側のマチュピチュの模様珈琲のオマケクスコのLUNAという日本人の女の人が経営している店だが安く色んなお土産が買えるので良かった。このもふもふちゃんもLUNAでキーチェー

    ぽんちゃん

    アラサー女のズッコケ旅行記

    読者になる
  • パーソナルスタイリストと行く、ギャラリーラファイエットシャンゼリゼ徹底解剖

    パーソナルショッパーと行く、ギャラリーラファイエットシャンゼリゼ徹底解剖

    29PARIS.com

    29PARIS.comのパリ便り

    読者になる
  • 帰国前のドタバタ

    Bonjour 何だかバタバタしていてゆっくりブログを見る暇も無かった… 気が付けば10日も過ぎていて驚きました。 南フランスは毎日快晴。 太陽の日差しも昼間は燦々としています。 パリとは印象が全く違うなあ、と改めて思いました。 もうすぐ日本に帰国するので買い物にも忙しく おまけにソルド中ですからついついお店をみたくなりますが ここは田舎なので店がありません。笑 もっぱ…

    nina27

    フランス的ライフスタイル

    読者になる
  • マルメゾンのブラッスリー

    パリ郊外のマルメゾン。ナポレオン所縁の地です。メイン通りともいえるナポレオン・ボナパルト大通りにあるブラッスリー・デュ・シャトーは、サラダやハンバーガーなどの気軽な食事から、本格的な魚介料理やステーキなども頂ける、様々なシーンで使える便利なレストランです。写真は、その名も「ナポレオン・バーガー」19.90ユーロ(2020年時点)です。これ一品だけでも十分にお腹が満たされます。マルメゾンのお城見学ついでの休憩にも良い立地です。LaBrasserieduChateau-193Av.NapoleonBonaparte92500RueilMalmaison-Tel0147518283(月休)にほんブログ村マルメゾンのブラッスリー

    NFFJAPON

    NFFJAPON メルシー!フランスの風景

    読者になる
  • パリ18区、路地裏の風景

    パリ18区クリニャンクール通りを歩いているとその東側にとても立派な建築物が目に入ります。路地裏にいきなり現れる迫力ある姿に思わず見とれます。1895年、Gustave Rivesによって設計された大型百貨店のダイナミックなファサード部分が今も活かされているようです。今はBNP銀行...

    日仏フィグー社

    日仏フィグー社 スタッフのブログ

    読者になる
  • 桜台の図鑑カフェ「フミクラ」と池袋「ブラッスリー・ル・リオン」のステック・フリット

    昨日は外回りの多い一日だった。 朝一でエルスール財団記念館へ。午後からの来客の準備、そして来週のイベントのさいカフェでお出しするスイーツの見本が届いたので、ス…

    アトリエ・エルスール

    野村眞里子のブログ「オラ・デル・テ」

    読者になる
  • Marché President Wilson(マルシェ・プレジダン・ ウィルソン)

     今回、最初のマルシェは16区。良品質の品々が並ぶ高級住宅街エリアです。値段は高目だけど、一流のシェフも買出しに来るそうな。昨年も近くの‶MarchéGros…

    西邑真理

    パリとプチ・グルメ女史

    読者になる
  • タワーみたいに感じる話

    Aさんは他人の視線は気にならないようですが、東京に来たときに気になることが全くないわけでは、ないようです。 タワー Aさんがよく言うことがあります。それは、「ここにいるとわたしはタワーみたいだ」ということです。 そんな違わないじゃない Aさんによると、Aさんはわたしよりも「2cmほど背が高い」のだそうです*1。わたしは168cmで、ちっとも背が高いと思わないので、170cmでも大して違わないだろうと思うのですが、Aさんの視点に立つとAさんだけ周りよりもぐぐっと高くなっているように感じるのだそうです。 そんなものですかね。 「だって周りの女性に比べたら、わたしめちゃ背が高いじゃない。」確かに女性…

    CDGHND

    CDG-HNDな遠距離国際恋愛日記

    読者になる
  • 今日からカリグラフィーの作品展!

    作品展のお知らせです。開催日当日のお知らせとなりましたが、今日17日からLETTERSNOWさん主催の、カリグラフィー作品展に参加します!会場には、21日 の…

    KAYO*chocolat

    わたしの足跡 2 〜ときどきパリ

    読者になる
  • 【1月17日大規模スト44日目】パリ公共交通機関の運行状況まとめ

    昨年12月5日からフランスではゼネストが続いています。パリ交通公団(RATP)、フランス国鉄(SNCF)なども一斉に大規模ストライキを行い、44日目も継続される予定です。本日発表されたパリを中心とした2020年1月17日の公共交通機関の運行情報を...

    『地球の歩き方』フランス/パリ特派員

    『地球の歩き方』フランス/パリ特派員ブログ

    読者になる
  • シチリア・アグリジェント「神殿の谷」に一番近いホテル

    ★ 世界遺産シチリア「神殿の谷」に一番近い          5つ星ホテルに泊まるアグリジェントの旅 ★ 外観は普通の建物ですが、ここは以前貴族の館だった建物…

    freya

    イタリア&フランスのユニークな旅

    読者になる
  • クソ女、南米を目指す⑭/イグアスの超高級ホテル

    さあイグアスに着いたぞイグアス空港の謎のバラの自販機。お別れのときとかに渡すのか・・・?もう夕方だ国立公園のゲートをバスで通り抜け野生動物にはむやみに触ってはいけません!イグアスのピンクホテルことベルモンドホテルここのホテルのいいところは国立公園の中にあ

    ぽんちゃん

    アラサー女のズッコケ旅行記

    読者になる
  • パリ、ムーランルージュの舞台

    夜の公演を控えた静かな朝のルーランルージュの舞台です。モンマルトルを象徴するこのキャバレーを行き来していたロートレックも、きっとこういった風景を何度も目にしたことでしょう。モンマルトルの舞台裏ツアーなどの現地ツアーに参加される機会があれば、静まり返ったこの風景を目にすることができ...

    日仏フィグー社

    日仏フィグー社 スタッフのブログ

    読者になる
  • 見られるカップルの話

    id:Zaituun1946 さんの少し以前の記事を拝見しておりましたら大変気になる記事をみつけました。 帰国中は東京、横浜、大分と各都市に数日間くらい滞在していたが、気になったのは他の人からの目線。日本人男性×外国人女性の組み合わせが珍しいのか、街を歩いていても、お店に入っても、色んな人から見られる。電車に乗り込む時なんて皆に見られる。妻も目線に気付いていたようで、結構なストレスを感じたようだ。シンガポールでは全くそんなことは無かったが、やはりまだ日本では国際結婚は珍しいのだろう。 日本人男性×非アジア系女性の結婚は珍しいのか - ある日はハチミツ、ある日は玉ねぎ 自分とパートナーが珍しい組…

    CDGHND

    CDG-HNDな遠距離国際恋愛日記

    読者になる
  • モネの睡蓮があるマルモッタンモネ美術館!ルノワール作品もあります。

    モネの睡蓮といえば、オランジュリー美術館が有名ですが、マルモッタンモネ美術館にも沢山の作品があります。さらに、あまり混んでいないので、ゆっくり鑑賞できるのがポイント!どのような作品があるのか、外せない作品はどれなのか、ご紹介致します。 マルモッタンモネ美術館とは?

    SBBT

    フランス・パリ観光ブログ

    読者になる
  • 01/15のツイートまとめ

    旅行や散歩の記録

    ちかぽん

    散歩あっちこっち

    読者になる
  • やる気を乱すジングルベルおばちゃんの話

    やる気を乱すジングルベルおばちゃんの話

    29PARIS.com

    29PARIS.comのパリ便り

    読者になる
  • 【1月16日大規模スト43日目】パリ公共交通機関の運行状況まとめ

    昨年12月5日からフランスではゼネストが続いています。パリ交通公団(RATP)、フランス国鉄(SNCF)なども一斉に大規模ストライキを行い、43日目も継続される予定です。本日発表されたパリを中心とした2020年1月16日の公共交通機関の運行情報を...

    『地球の歩き方』フランス/パリ特派員

    『地球の歩き方』フランス/パリ特派員ブログ

    読者になる
  • フランスワイン好きが独断と偏見で選ぶ!日本人がお好きなワインの産地♪

    フランスに4年間住んだ私が独断と偏見で選ぶ、日本人におすすめのワインです!

    ナベ子

    フランス大好きママンのブログ

    読者になる
  • クソ女、南米を目指す13/リマからイグアスへ

    さてリマからイグアスに向かうクリスマスジオラマが凄い南米風だスーツケースラップでぐるぐる巻くやつだがめっちゃ黄緑ださてペルーとも一旦さよならだ(実はこの後また戻ってくる)緑が少ないと言うかリマの様子は赤茶げている乾燥地帯の首都って感じだだいたい4時間前後

    ぽんちゃん

    アラサー女のズッコケ旅行記

    読者になる
  • 人に嫌われないのが無理ゲーなわけ。

    世界には77億人の人がいるらしい。もはや数が多すぎて想像しずらいんじゃないかな。1人に1円ずつ貰って旅したら77億円か。。77億円あったら富豪として生きていけるけど、77億人に会うの大変そう。というくらい、今この限られた地球に人が多い。だから僕のことを嫌う人もいれば、そうでもない人もいる。これは普通の現象。僕は普段Twitterを使っているけど、誹謗中傷だとかなんだとかたくさん転がっている。ネット上だけじゃなくても、いろんな人と顔を合わせてきた。いろんな人に会えば、僕のことを気にくわない人もいて、陰口も表口も言われたりする。けれども、「まぁ、いいっか」と割り切ってみる。陰口なんて、嫉妬の感情で占められていることが少なくないからね。だから自分は自分の道を探して歩むのみというわけだ。探しながら歩むという方が正しいのかな。みんなに好かれようとしても、「あの人はみんなにいい顔」してるなんて言われるわけで、きりが無い。ということで、好かれることなんて最初から諦めてしまおうというのはどうだろうか。人のDNAはちょっとした部分がみんな違うみたいだから、同じ考えの人を探そうとする方が無謀。みんなに好かれないようになんて、77億人の全てに会ってみないと分からない。そのくらい世界は多様。今まで「嫌われる」というマイナスなことばっかり言ってきたけど、「好かれる」にも同じことが言える。そして、2極に分けなくても「認められる」という場もあったり、「普通」っていうのもある。そんな感じで、「嫌われないように」っていう見方だけじゃなくて、もっといろんな見方で自分の居場所を探っていくのがよいと思う。人がたくさんいる分、居場所の種類も多様だと思う。「嫌われるのは普通、自分の居場所を探っていこう」というわけ。

    真夜中のおなら

    真夜中のおなら

    読者になる
  • マルモッタンモネ美術館の作品(モネの睡蓮)と行き方

    モネの作品といえば、オランジュリー美術館内の360度に広がる睡蓮が有名ですが、モネの作品はマルモッタンモネ美術館にも沢山収蔵してあります。どのような作品があるのか、また美術館への行き方をご紹介致します。 マルモッタンモネ美術館とは?歴史と特徴 マルモッタンモネ美術館はパリの西側にある16区、ブローニュの森の少し手前に位置している美術館で、印象派の名画が揃っています。

    SBBT

    フランス・パリ観光ブログ

    読者になる
  • ロンドン・パリ、ドーヴァー海峡を渡る旅 1日目(4)ウエストミンスター寺院はまさかの有料。そしてロンドンでパブランチ。

    再び、ウエストミンスター橋を渡り、ウエストミンスター寺院“Westminster...

    ラコスケ

    まだ知らないどこかへ

    読者になる

「旅行ブログ」 カテゴリー一覧