TOPICS
searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel

添乗員・ツアコン トップ

TOP help

続きを見る

続きを見る

  • 富岡市

    富岡市

    群馬県富岡市に関する話題をトラックバックしてください。 地元のイベントやお店情報、どんなことでも結構です。

    テーマ投稿数 23件

    参加メンバー 7人

  • ☆熱帯魚大好き☆

    ☆熱帯魚大好き☆

    熱帯魚・ビーシュリンプ・ラムズホーン・水草の事ならどなたでもトラックバックして下さいね☆ いろいろな方と繋がり合えたら良いですね☆

    テーマ投稿数 3,070件

    参加メンバー 141人

  • 海外生活日記

    海外生活日記

    海外で生活している皆さん参加お願いします。 おもしろ出来事、大変出来事、文化の違い、 なんでも、コミュっていきましょう!!

    テーマ投稿数 81,961件

    参加メンバー 1,593人

  • 彦根

    彦根

    江戸時代には井伊氏の城下町、中山道高宮宿・鳥居本宿の宿場町となった都市で、大藩の城下町がひしめく京都150km圏内では有数の城下町であった。又、京都・名古屋・敦賀の3市からは等距離で行けるため、これら三方との交流は現在でも多い。 彦根城 玄宮園・楽々園 埋木舎 滋賀縣護國神社 彦根城博物館 旧彦根藩松原下屋敷庭園 俳遊館 佐和山城跡 佐和山遊園 夢京橋キャッスルロード ひこにゃん

    テーマ投稿数 474件

    参加メンバー 41人

  • 彦根城

    彦根城

    姫路城などとともに天下の名城の一つに数えられる彦根城は、井伊直継・直孝によって約20年の歳月をかけて建設され、元和8年に完成しました。佐和山城・安土城・長浜城・大津城の石垣や用材が使われました。月明かりに浮かぶ彦根城は美しく、琵琶湖八景の1つに数えられています。明治時代の廃城令や戦火を免れた彦根城の勇壮な姿を、城内散策で眺められます。また、彦根城の別名金亀城の名は、彦根城築城以前、彦根山上にあった寺院に金の亀に乗った観音像が安置されていたため、と言われています。国指定の特別史跡です

    テーマ投稿数 16件

    参加メンバー 9人

  • 名所や民俗文化

    名所や民俗文化

    全国各地の名所や民俗文化などを記事にしたブログを集めています〜ぜひ参加してください。。。

    テーマ投稿数 382件

    参加メンバー 36人

  • 関東近県 旅・グルメ・観光スポット

    関東近県 旅・グルメ・観光スポット

    関東地方に静岡・山梨・新潟・福島・長野あたりの、 こんなイイトコ・美味しいトコ、 トラックバックしてみませんか。 みんなで楽しい旅につかえる 旅ネタ探しの決定版を作ってみよう!

    テーマ投稿数 10,287件

    参加メンバー 563人

  • 近江八幡

    近江八幡

    豊臣秀次が築いた城下町を基礎に中世・近世は商業都市として発展した。所謂近江商人発祥の地である。江戸時代以前の風情がよく残る新町通り・永原町通り・八幡堀周辺・日牟礼八幡宮境内地は八幡伝統的建造物群保存地区として国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されており、時代劇の撮影場所としてもよく使われる。ウィリアム・メレル・ヴォーリズが住み多くの建築作品を遺した地としても知られている。八幡伝統的建造物群保存地区 ヴォーリズ記念館 近江八幡市立資料館 近江八幡YMCA会館 旧西川家住宅 旧伴家住宅 旧八幡郵便局 白雲館 八幡堀 日牟禮八幡宮 NO-MA あきんどの里 池田町洋館街 かわらミュージアム 長命寺 伊崎寺 西の湖水郷地帯 ハイド記念館・教育会館 八幡公園 曳山とイ草の館 本願寺八幡別院 歴史民族資料館

    テーマ投稿数 27件

    参加メンバー 17人

  • 明石

    明石

    子午線のまちとして有名である。明石はあくまで日本標準子午線上の自治体の一つであるが、1910年、日本最初の子午線標識が建立され、明石が子午線のまちとして定着している。 織田家長屋門 魚の棚商店街 明石公園 明石城 明石天文科学館 長寿院 月照寺 亀の水 人丸神社 休天神社 腕塚神社 忠度塚 密蔵院 無量光寺 魚住・住吉神社 明石江井島酒館 明石西公園 明石中崎公会堂 日露戦争忠君碑 稲爪神社随神門 

    テーマ投稿数 315件

    参加メンバー 33人

  • 赤目四十八滝

    赤目四十八滝

    赤目四十八滝は三重県名張市の滝川の渓谷にある一連の滝のこと。48という名称がついているが実際はもっと多数の滝がある。四十八は非常に多いという意味とも。昔、役行者がここで修行をしたとされ山岳信仰の聖地となっている。地元では「滝参り」と呼ばれる。赤目の由来は役行者が修行中に赤い目の牛に乗った不動明王に出会ったという伝説からつけられた。不動滝 落差15m、幅7m、「滝参り」はこの滝への参拝を意味する。 千手滝 布曳滝 荷担滝 琵琶滝 日本サンショウウオセンター

    テーマ投稿数 6件

    参加メンバー 6人

続きを見る

続きを見る

続きを見る

「旅行ブログ」 カテゴリー一覧(参加人数順)