モルディブ旅行 新着記事

?
  • うちごはん@天ぷら&讃岐うどん♪

    あい。こんばんは。 平日だけどさ、頑張ってさ、Upするよね。!(^^)!ん??何故に?? あい。それはね。仕事のストレスと云うよりもね。気分転換かな? ま。そ…

    hirope

    お出掛け好きなhiropeの旅行&グルメ記

  • tomorrow nevar knows

    あい。こんばんは。 ちっとね。想うことあり、、ま。誰でもさ。あるよね。 実はね。私さ。8年位前までね。ミスチル大好きでね。ライブ追っかけしてたんだよね。!(^…

    hirope

    お出掛け好きなhiropeの旅行&グルメ記

  • ローカル島歩き|北アリ環礁 トッドゥー島編 その3

    北アリ環礁 トッドゥー島滞在3日目。 本日も快晴。 島の南側ビーチ、海ガメと出会えるナイスハウスリーフに続き、本日は島の北側ビーチの紹介です。 北側ビーチはまったり派にお勧め 本日はツーリストビーチ②(北側)へ行ってきました。 島の真ん中に位置するゲストハウスから、徒歩約10分ほど。 こちらは昨日紹介したツーリストビーチ①よりは、若干人口密度が少な目でした。 お隣でまどろんでいる欧米人とのパーソナルスペースもしっかりと保ちつつ、ほどよい木陰を確保でき、波の音を聞きながらゆっくりと読書タイムに突入できたのでした。 こちらのビーチにはビーチチェアーがないので、ビーチタオルをひいて座るとグッド。 ビーチタオルはどこのゲストハウスでも大抵無料で貸し出しがあります。 こちらの北側ビーチには、こんなインスタポイントが。 こちら北側のビーチは珊瑚が少な目で魚も少ないので、シュノーケルをするなら南側ビーチのほうが断然お勧めです。 シュノーケル狙いのゲストが南側ビーチに集中している分、こちらは人が少な目で落ち着いた雰囲気。 自分のスペースを探してウロウロ・・・せずにすみました。 シュノーケル気分の日は南側ビーチ、ゆっくり本でも読んで過ごしたい場合は北側ビーチがよさそうです。 ビーチへとつづく小道もリゾート並みに整備されています。 南国でこんなジャングルみたいなところ、蛇やら虫やらがいそうで怖い・・・と思われそうですが、モルディブには蛇はいません。 多分・・・。 (たま〜に小さい、ミミズみたいな蛇をみかけますが、いかにも蛇!というのは見たことがありません) ムカデも見たことないし、サソリもいないし、大きなクモもめったに見ないし・・・ 暑い国にしては結構安全です。 そういうこともあってか、このトッドゥー島に滞在している欧米人の半分は、ほぼ裸足でビーチだけでなくローカル島内を歩き回っています。 現地の人でさえサンダルを履いているのですが。 リゾート島のようにスタッフが一日中掃除をしているわけではないので、道端にガラスやタイルの破片が落ちていることもあるし、あとは衛生的にも裸足はやめたほうが無難です。

    YASU

    モルディブ旅情報ブログ

  • 小山からマドロスソースから富士山♪

    あい。こんばんは。 今日はね。色々行って来たよね。!(^^)! まずは小山のイチゴマルシェそこでさ。飲むヨーグルトを買ったね。これ、旨しだ℃  『スカイベリー…

    hirope

    お出掛け好きなhiropeの旅行&グルメ記

  • 【モルディブ在住者向け】日本から食べ物を郵送するときはご注意を!

    こんにちは!今日のモルディブ北部は暑い日になりそう!12月下旬からずーっと吹き続けていた東風が、やっとやみました。そうなると、やはり体感温度がぐっと上がってお…

    Hitomi

    Deep Blue Water Maldives

  • ローカル島歩き|北アリ環礁 トッドゥー島編 その2

    北アリ環礁 トゥドゥー島、滞在2日目。 本日も快晴。 島の雰囲気をお届けしたその1に続き、本日はお待ちかねのビーチ情報です。 トッドゥー島にはツーリストビーチが2ヵ所ある トゥドゥ―島は結構大きな島なので、今日はこちら、明日はあちら、という感じになるであろう、2つのビーチ。 真逆の位置にあるのです。 もしツーリストビーチ①からツーリストビーチ②まで歩く場合、片道30分弱はかかるのではないかと思われる距離です。 ちなみに大抵どこのゲストハウスにも無料のレンタル自転車があり、ツーリストはスイスイ島を走っています。 ビーチまでももちろん自転車で行けますよ。 (ただ砂の道なので、車輪が砂にとられないよう注意!) 「ツーリストビーチとはなんぞや」と思われた方は、こちらでおさらいをどうぞ! ツーリストビーチ①と②は結構表情が違います。 どちらにもそれぞれいい部分あり、いまいちな部分があり。 ツーリストビーチ①は海がめに出会えるシュノーケル天国 そうなんです。 「シュノーケル天国=魚が多く見られる=珊瑚が多くある=ハウスリーフがいい」 沖のほうに黒っぽく見える部分がありますが、それが珊瑚です。 ラグーンもきれいですね。 遠浅の部分がほとんどですが、ふいに深くなる部分もあります。 足が付かない深さで泳ぐのが苦手な方は、ライフジャケット必須です。 なんか盗撮みたいになっていますが・・・。 (スマホの防水ケースを始めて使ったみたところ、うまく使いこなせず) ハウスリーフから島を見た感じ。 珊瑚は群生はしていませんが、ところどころに固まっている感じで、そこを目指して泳げば結構いろいろな種類の熱帯魚が見られます。 熱帯魚はもちろんなんですが、実はこのツーリストビーチ①のすごいところは、海がめ遭遇率が非常に高い。 おそらく80%はいくんじゃないでしょうか。 というのも、このハウスリーフ内に10匹ほど住み着いているのだとか。 私も初日泳いだ時、30分ほどのシュノーケルで3匹と遭遇。 こんな経験は初めてでした。 こんな浅いハウスリーフで海がめと出会うこと自体、初めて。 ※お写真はゲストハウスのスタッフから拝借しました。 くどいですが、スマートフォンの防水ケースを使いこなせず・・・・・・・

    YASU

    モルディブ旅情報ブログ

「旅行ブログ」 カテゴリー一覧