TOPICS

日本遺産 注目記事ランキング

1位〜50位

  • 1位

    雪野山古墳(滋賀県東近江市)特別展【明治大学博物館】★

    今甦る!琵琶湖に君臨した王 雪野山古墳(発掘30周年記念展示) 滋賀県東近江市の雪野山頂で発見された、古墳時代でも早い時期(~西暦300年代前半、古墳時代は250年~)の前方後円墳。 未盗掘で発見された貴重な史跡だ。 雪野山古墳は聞いたことがあるが、展示の機会が少なく「幻の古墳」というイメージだった。 これは見逃せない!と思っていたところ、仕事で東京に行ったついで?(笑)に見学。 雪野山古墳 ※文中、開物の古代妄想にマーク(古代妄想レベル:★★★=MAX ★★=MEDIUM ★=MIN or A LITTLE) ちょうど15時前の入館で、東近江市の埋蔵文化財センターの学芸員さんの解説付き(毎日…

    開物発事_かいもつはつじ

    ものづくりとことだまの国

    読者になる
  • 2位

    等彌神社(3)謎の神像は御神宝 二本足で人型の八咫烏(やたからす)

    訂正とお詫び このシリーズ初回の記事について、指摘があり、確認したところ御神紋は「トビ(鵄)」でした。最初に「八咫烏」と書いていましたが、訂正しました。 www.zero-position.com 神武東征神話の要約 カムヤマトイワレビコ(神武天皇)が東征の際、天から派遣された八咫烏(ヤタカラス)の案内で熊野・吉野の山中を行軍し、戦いで窮地におちいった時、金色に輝くトビ(金鵄、きんし)が現れ、イワレビコ軍を助けた。 ***** 調べてみると「鵄」には「シ」「トビ」「フクロウ」の読みがある。 いずれにしても、智恵のある賢い鳥のイメージ。 フクロウは意外だったが、宮沢賢治の二十六夜では「徳の高いふ…

    開物発事_かいもつはつじ

    ものづくりとことだまの国

    読者になる

「旅行ブログ」 カテゴリー一覧