インド旅行 注目記事ランキング

  • 更新時刻:17/08/24 07:30現在
カテゴリー
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード

1位
おもちさん
  • 情報提供基準違い インド・ネパール4コマ漫画エッセイおもちさんのプロフィール
  • 今年の夏も残念ながらインドに行くことはできませんでした。 でも夏のインドはできるだけ避けたい暑いし・・・臭いし・・・ ( ;゚─゚) やっぱり10月から行って、3月いっぱいまで滞在して帰るのが理想的(*´艸`*) でも、そんなの無理だわ(TωT) 60歳くらいになったら叶うかな〜ε-(o´ω`o) 年金支給額も少なくなってるだろうし、1年の半分インドで生活ってのもいいかも いつもぽちっとありがとう(*゚ー゚*)にほんブログ

2位
天女さん
  • 情報提供魂の旅 セドナ編を振り返って… 天女 ありのままに自分の心に正直に生きる天女さんのプロフィール
  • 昨日掲載した記事魂の旅 セドナ編 一覧表 にリストされた記事が正しくリンクされているかどうか 1件1件 して確かめている最中に 文章を読み始めたら止まらなくなってしまったわたし。 結局32回分を一気読みしたわけですが わたしと同じように丁寧に過去記事を読んでくださったみなさん ありがとうございます〜 実はこのセドナ編は2年5ヵ月後の2015年2月から10月に渡って記憶を思い起こしながら綴ったものな

3位
Bharatさん
  • 情報提供第2759篇:インド紅茶ビジネスの旅「デリー」(6) 駐在員のインド漫録Bharatさんのプロフィール
  • 1993年に世界遺産登録された「フマユーン廟(Humayun's Tomb)」。ムガル帝国(1526年‐1858年)の第2代皇帝フマユーン(1508年生‐1556年没)霊廟は、王妃のハミーダ・バーヌー・ベーグム(1527年生‐1604年没)の命により1574年に完成。この王妃も「フマユーン廟」に埋葬されています。この霊廟は、あの有名な「タージ・マハール」の原型になったと言われています。天候により建物の輝きが異なりますが、訪問時は曇りと大気汚染
4位 kiriyさん
  • 情報提供おんな城主直虎第33回「嫌われ政次の一生」 森の中の一本の木kiriyさんのプロフィール
  • ― やっぱり、どうしたって泣くよね。ずっとこの大河の感想を書くのをやめていました。直虎が政次の本当の気持ちに気が付き、うわべでは、いまだ敵対しているかのように振る舞っていても、その底辺ではしっかりと心が通じ合っているようになって、むしろ書くことが多くなったと思うのに、書けなくなってオヤスミしていました。と言うのも、二人の関係もいい感じになって来たし、そうなると政次に感情移入大です。感じた心を言葉
5位 天女さん
  • 情報提供魂の旅 セドナ編 一覧表 天女 ありのままに自分の心に正直に生きる天女さんのプロフィール
  • このブログを2年前に現在の様式に変えてから、テーマ別の目次が表示できなくなり、過去記事のシリーズをまとめて読みたい方、続けて読みたいという方には、記事を見つけるのがとても難しかったと思います。 そこで、時間を見つけてシリーズまたはテーマごとの目次代わりに、ブログ記事で一覧表を作成することにしました。 このセドナへの旅は、この世は修行だと信じていたヨガ時代が終わり、アセンションのエネルギーと共振する
6位 koyoblogさん
  • 情報提供アショーカホテル 目的地へ行こうkoyoblogさんのプロフィール
  •  日曜の朝の道は空いている。リクシャーは軽快にとばした。バイクタクシーも気持ち良くとばしている。バイクタクシーは客をバイクの後ろに乗せるタクシーだ。つまり、ただの二人乗りである。運転手にはターバンを巻いたシーク教徒が何故か多かった。その宗教的な恰好から写真に撮られるのは嫌がるのではないかと思ったが、カメラを向けると走りながら笑いかけてくれた。爽快だった。雲一つない快晴の朝がデリーでは最も気持ちの良
更新時刻:17/08/24 07:30現在