searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel

寺社めぐり THEME

help
寺社めぐり
テーマ名
寺社めぐり
テーマの詳細
街歩きの中で出会った寺社について、ブログにアップしたいと思います。
テーマ投稿数
21件
参加メンバー
1人
管理人
KITAYOKOU管理画面

にほんブログ村 テーマ機能

テーマは、参加ランキングのカテゴリー・サブカテゴリーに関係なく、記事のテーマが合えばどなたでも参加することができます。

▼ ブログ村テーマへのリンク方法

あなたのブログに「寺社めぐり」テーマのバナーを掲載しませんか?
テーマのバナーやリンクをINポイントランキングの対象にしたいメンバーの方は、ログインしてからリンクタグを取得してください。
・バナーを変更したい場合は、必ず画像に「テーマ」の文字かバナーロゴを重ねてください。
・テキストリンクに変更されたい方は、以下のテキストに変更いただき掲載してください。
 「寺社めぐり 旅行ブログ・テーマ」
※以前より掲載いただいているテキストリンクについてはそのままご利用いただけます。

▼ リンクタグ … ここから下、リンクタグをコピーしてお貼りください

寺社めぐりの記事

1件〜50件

  • 笠間の稲田神社
    2020/02/22 08:08
    笠間の稲田神社

    2回目の笠間散策。前回、西念寺など見落としていた所がいくつかあったので、もう一度笠間を訪れてみた。その西念寺の近くにある稲田神社。創建は不詳。平安時代の延喜式に常陸国新治郡の名神大社と記載されているという神社。祭神は奇稲田姫命(くしいなだひめのみこと)。ナ

    KITAYOKOU

    KITAYOKOUのブログ

  • 佐白山正福寺・笠間
    2020/02/15 17:51
    佐白山正福寺・笠間

    笠間市の公営駐車場を出ると、向かい側に参道が見えた。観光マップで確かめると坂東33霊場の一つ正福寺が載っていた。参道の坂を登って、右に折れた先に本堂があった。幟には縁結びの文字が。御朱印を受けている人が見えた。創建は651年、猟師の粒浦氏と伝えられている。明治

    KITAYOKOU

    KITAYOKOUのブログ

  • 稲田禅房西念寺を歩く
    2020/02/14 23:05
    稲田禅房西念寺を歩く

    前回に引き続き笠間の西念寺を。本堂前の大木、おはつきイチョウ。県の天然記念物に指定されている。屋根で覆われている中は古木の切り株。住職の墓標も大きな切り株が使われていた。この石段を登った先に御頂骨堂がある。石段の長さを見て、引き返そうか迷ったが、折角来た

    KITAYOKOU

    KITAYOKOUのブログ

  • 茨城の西念寺
    2020/02/11 11:46
    茨城の西念寺

    稲田禅房西念寺。親鸞聖人が20年間住居とし、教行信証を執筆した場所で、浄土真宗発祥の地とされている。地元笠間の観光案内には「宇都宮氏一門の初代笠間城主の叔父笠間時朝が招いた」と記載されている。ネット検索では、稲田頼重の招きに応じてこの土地に草庵を結び・・と

    KITAYOKOU

    KITAYOKOUのブログ

  • 九星のふくろう・鷲子山上神社
    2020/02/08 08:41
    九星のふくろう・鷲子山上神社

    福フクロウロードの出口近くに九星ふくろうが並んでいた。才能、資質、心掛けが書かれている。既に辺りは薄暗くなっているせいもあってピンボケになってしまった。・・・・福フクロウロードの路傍には100体のフクロウが並んでいる。

    KITAYOKOU

    KITAYOKOUのブログ

  • 埼玉県で最初のキリスト教会
    2020/02/08 08:39
    埼玉県で最初のキリスト教会

    明治11年に設立された埼玉県内で最初のキリスト教会。宮代町にある和戸教会。和戸村の小島久右衛門という人が、横浜で医師ヘボン博士の診療をうけたのをきっかけに、洗礼を受け、その後自宅に教会を建てたという。ちなみにヘボン博士は、ヘボン式ローマ字で名高い。和戸教会

    KITAYOKOU

    KITAYOKOUのブログ

  • 北区散策(大龍寺と東覚寺)
    2020/02/06 17:36
    北区散策(大龍寺と東覚寺)

    駒込駅から田端駅まで散策した。山手線唯一の踏切を渡り、向かったのは大龍寺。正岡子規や板谷波山の墓がある。さらにそこから住宅街を歩く。少し道に迷ったが、山手線の電車が見えたので方向感覚を取り戻し、赤紙仁王通りにたどり着く。道なりに進むと東覚寺があった。不動

    KITAYOKOU

    KITAYOKOUのブログ

  • 墨田区散策(隅田川神社)
    2020/02/06 17:36
    墨田区散策(隅田川神社)

    道路に沿って壁のようにそそり立つ団地の通路を抜けると公園に出た。公園の先に木の茂みが見えたのでそこを目指す。コンクリートの建物で、お寺かどうか戸惑ったが、どうやら裏口にたどり着けたらしい。ここ木母寺は、平安中期に、さらわれてこの地で亡くなった梅若丸の供養

    KITAYOKOU

    KITAYOKOUのブログ

  • 家康の弟が母を偲んで建てた寺
    2020/02/06 17:35
    家康の弟が母を偲んで建てた寺

    千葉県の最北端に関宿がある。茨城県、栃木県、埼玉県、群馬県の県境に近い関東平野の真っただ中、利根川と江戸川が分岐する場所でもある。この交通の要衝の地に城があり、初代関宿藩主として家康の弟・松平康元がここを治めた。家康が幼少の頃、母於大は松平家を離縁され、

    KITAYOKOU

    KITAYOKOUのブログ

  • 坂東市散策(延命寺山門)
    2020/02/06 17:35
    坂東市散策(延命寺山門)

    ここのところ歩数が不足ぎみなので、手軽に出かけられそうな場所を探してみた。近くて疎遠な所を探して、坂東市に行くことにした。坂東市は合併でこの市名になったが、以前の岩井といった方が自分的にはしっくりくる。平将門にゆかりのある場所でもある。まずは市役所で観光

    KITAYOKOU

    KITAYOKOUのブログ

  • 坂東市散策(平将門の國王神社)
    2020/02/06 17:35
    坂東市散策(平将門の國王神社)

    市役所でもらった観光マップを見て、大まかなルートを決めた。國王神社は幸いナビに表示があったのでセット。この辺りかなと思ったが、それらしい左折場所が見当たらない。通り過ぎたかと思ったとき、細い脇道から軽トラックが姿を現した。とにかくそこを曲がってみようと、

    KITAYOKOU

    KITAYOKOUのブログ

  • 高崎の八幡八幡宮
    2020/02/06 17:34
    高崎の八幡八幡宮

    国道18号(中山道)八幡大門交差点を北に入ると、赤い大鳥居が目立つ。そこをくぐると遠方正面の高台に神社が見えた。信越線の踏切を渡り、神門前を道なりに左に折れた坂道を登ると駐車場があった。拝殿は入母屋造り。参拝を済ませ、振り返った位置からの眺め。夕暮れで人

    KITAYOKOU

    KITAYOKOUのブログ

  • 高崎のだるま寺(水戸黄門ゆかりの寺)
    2020/02/06 17:34
    高崎のだるま寺(水戸黄門ゆかりの寺)

    高崎の達磨寺。この下の道路は、抜け道として何度か通ったことがあるので、達磨寺があるのは知っていた。その道も台風19号の被害を受け、激流に削り取られて、川寄りの路面に青いビニールシートが被われ、山側片側通行になっていた。既に夕暮れになっていたが、せっかくの

    KITAYOKOU

    KITAYOKOUのブログ

  • 寅さんゆかりの柴又帝釈天
    2020/02/06 17:34
    寅さんゆかりの柴又帝釈天

    二天門をくぐって左側から帝釈堂を望む。その右側は本堂。「男はつらいよ」に出てくる境内はそれ程広い感じはしなかったが、実際に来てみるとイメージをはるかに超える広々とした境内だった。境内左手にある鐘楼。その隣には御神水があり、独特の雰囲気なので写真に撮ろうと

    KITAYOKOU

    KITAYOKOUのブログ

  • 北千住散策・寺社
    2020/02/06 17:33
    北千住散策・寺社

    都内で社寺の写真を撮ると、背景に高層ビルが写り込むことが多い。ここも後ろにマンションらしき建物が。北千住の安養院。北条時頼創建の寺。そういわれれば何となくそれらしい雰囲気も。この本堂は、大正13年に建てられたという。こちらも趣のある玄関。立て札には「ゆく春

    KITAYOKOU

    KITAYOKOUのブログ

  • 宮代町の西光院
    2020/02/06 17:32
    宮代町の西光院

    埼玉県宮代町観光マップを見て西光院を訪れた。奈良時代の僧行基の草創と伝えられる古刹で、阿弥陀如来像は国の重文に指定されているとか。他に参拝客はなく、ひっそりとした佇まいだった。

    KITAYOKOU

    KITAYOKOUのブログ

  • 常陸國出雲大社
    2020/02/04 17:04
    常陸國出雲大社

    笠間からの帰路、出雲大社にも立ち寄ってみたいと思っていた。案内板を見て50号を右折。ガードマンに誘導されて駐車場へ。参道の坂道を登って、目についたのは巨大な大しめ縄。とにかくでかい。長さ16メートル、重さ6tだそうだ。拝殿前で子供が硬貨を投げ上げている。参拝を

    KITAYOKOU

    KITAYOKOUのブログ

  • 世界最大級の達磨大師像(笠間)
    2020/02/02 13:25
    世界最大級の達磨大師像(笠間)

    鳳台院の駐車場に沿った道を奥に進むと坂道に出た。坂を登りきったところにあったのが、五重塔と観音堂。土曜日の午後、人の気配は全くない。達磨大師像に行くと、金色の達磨をささげて石段を登っていく人がいた。像の前に達磨を置いて祈っている。燈篭の陰になって写り込ま

    KITAYOKOU

    KITAYOKOUのブログ

  • 笠間の鳳台院
    2020/02/01 09:39
    笠間の鳳台院

    笠間散策を終え帰路に就くが、まだ時間に余裕があるので、立ち寄れそうな見学先を観光マップで探すと、鳳台院が目に入った。50号を右折し、ナビに従って細い道を入っていくと山門が見えた。笠間市の文化財に指定され、ネットで調べると「総欅材の四脚門。頭貫に国見山の山額

    KITAYOKOU

    KITAYOKOUのブログ

  • 笠間散策・笠間稲荷
    2020/02/01 09:37
    笠間散策・笠間稲荷

    笠間稲荷はこれで2度目のはずだが、最初の記憶は視覚的には全く消えてしまっていたことが、再訪して分かった。そんな訳で、懐かしさはなく目新しさを感じた。鳥居をくぐり、仲見世を通り過ぎた後、楼門の前から。何かに笠間朱色と書いてあったような気がするが、はて何にだっ

    KITAYOKOU

    KITAYOKOUのブログ

  • 笠間稲荷の裏手には
    2020/02/01 09:37
    笠間稲荷の裏手には

    笠間稲荷の本殿を見ようと裏手に回ると、こんな光景が。狐塚というらしい。小さなキツネがたくさん並んでいた。本殿の彫刻を見て、さて戻ろうとした時、本殿右手の先に神社があるのが見えた。どうしようか迷ったが、折角来たのだからと、ちょっと足を延ばしてみた。赤い幟が

    KITAYOKOU

    KITAYOKOUのブログ

カテゴリー一覧
商用