画家の足跡を辿って

  • トラコミュとは?
画家の足跡を辿って
画家の足跡を辿って旅行に行った。
近所に画家のゆかりの場所がある。
など、画家と同じ景色を見たという記事を集めてみませんか???

モネ、ゴッホ、ゴーギャン、シスレー、ルノワール、ルイスダール、フェルメール。

風景を描いた画家は数知れず、また画家それぞれゆかりの場所も数知れず。

「画家の場所」にまつわるトラックバック大歓迎です!!!

トラコミュ機能

テーマにそった記事をトラコミュにトラックバックすることでトラコミュ参加メンバーになれます。トラコミュはブログ村メンバー専用です、ぜひご参加ください。→ ブログ村新規登録(無料)

  直接トラックバック解説ページへ

トラックバック記事(投稿記事)

いやしんさん
Peony PIVOINEさん
  • ゴッホ終焉の地の可愛いお家からピクニックまで【日々諸々】
  • ここのところ毎日のように更新していたまとめブログ、ようやく最新のツイートまでたどり着きました?? ツイートでも触れていますが、9月4日から3週間ほど日本帰省してき [...
  • フランス|クウネルトコロニスムトコロ Peony PIVOINEさんのプロフィール
楽天市場とか通販大好き主婦さん
桜田史弥さん
  • カラバッジョの作品を発見
  •  トゥールーズ近郊で発見された絵画が、イタリアの天才画家・カラバッジョが1600〜1610年に描いたものでたるこうがわかった。 古代アッシリアの将軍ホロフェルネスの首を...
  • 歴史タイムス〜古今東西歴史遺跡化石ニュース 桜田史弥さんのプロフィール
三池走次郎さん
  • アーシル・ゴーキー(Arshile Gorky)
  • ⇒ゴキブリを見つけた人々【アーシル・ゴーキー(Arshile Gorky)】
  • ダジャレ小話大辞典 三池走次郎さんのプロフィール
Otiumさん
  • 日本から故郷に帰ったギュスターヴ・クールベの木
  • 今回の旅行目的の1つは、日本にあったギュスターヴ・クールベの作品『フラジェの樫の木』が、クールベの故郷にあるクールベ美術館に戻ったので見に行くことでした。本当は
  • エスカルゴの国から Otiumさんのプロフィール
山本真也さん
  • Life is a canvas.
  • ゴールデンウィークは、左脇に姪っ子、右脇にチワワを抱え、村上春樹を読むというのんびりしたものであった。話題の新刊、『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』。...
  • 裸婦との声無き対話 山本真也さんのプロフィール
Otiumさん
  • 目次: 画家・彫刻家の足跡を追って
  • 最終更新: 2012年5月ブログの中で、絵画や彫刻に触れて書いた記事の一覧です。見出し:
  • エスカルゴの国から Otiumさんのプロフィール
Otiumさん
  • 悲劇の城 ミラマーレ
  • シリーズ記事 【イタリア経由 クロアチアへの旅】 目次へ その6 イタリア: (2-1) ミラマーレ城イタリアの西の外れにあるところといったら、行ったことがあるヴェニスや
  • エスカルゴの国から Otiumさんのプロフィール
Otiumさん
  • 画家ギュスターヴ・クールベとアレシアの戦いの関係
  • 【アレジア周辺の観光】 その4 アリーズ・サント・レーヌ村 (3)このブログでは、日々あったことを忘れないようにメモしておきたいという目的が大きいのですが、書きだす
  • エスカルゴの国から Otiumさんのプロフィール
Otiumさん
  • オルナン市のクールベ美術館
  • シリーズ記事 【2011年秋: フランシュ・コンテ地方の旅行】 目次へ その5 観光 (1)オルナン(Ornans)という町の名を知っていたのは、写実主義の画家ギュスターヴ・クー
  • エスカルゴの国から Otiumさんのプロフィール
山本真也さん
  • この一瞬を抱き締めて
  • 33になって、人生の折り返し点に居るのだなと感じる。数字のことではない。昨年、相次いで愛犬と祖父を失った。当たり前だが、彼等は永久に僕の心の中で生き、しかし永久...
  • 裸婦との声無き対話 山本真也さんのプロフィール
山本真也さん
  • 強い糸を紡がねば
  • デザインフェスタを終えた後、千葉のホキ美術館、上野の写楽展とレンブラント展、秋葉原のメイド喫茶、赤坂見附のフーターズ等を巡り、ようやく京都に戻りました。ブースに...
  • 裸婦との声無き対話 山本真也さんのプロフィール
山本真也さん
  • 巨匠との声無き対話
  • 「投げ遣り」という言葉を広辞苑で引くと―投げすてておくこと。結果はどうなってもかまわないと、無責任な態度であること。とある。国立新美のゴッホ展で見たこの絵の背景...
  • 裸婦との声無き対話 山本真也さんのプロフィール
山本真也さん
  • ラブ・ストーリーは永遠に
  • お盆休み、父母と淡路島までドライブ。潮風切り、その香りを嗅ぎながら。BGMは波音と、三人の落とし所である小田和正。目に映える空と海のコバルトブルー…と言いたいと...
  • 裸婦との声無き対話 山本真也さんのプロフィール
秋水時鶏さん
  • 直観てすごい(霊感はないんだけどさ)
  • ●[霊感] ブログ村キーワード「初夏 箕面川」100号 日本画大阪府箕面市にある箕面川の渓谷風景を描いた。初夏のこの場所は水遊び場となっているようで、一日中観察・...
  • わが書斎 秋水時鶏さんのプロフィール
山本真也さん
  • スタローンと餃子
  • 必ず胃もたれするし、靴底も油まみれになる。それでもどうしても、時々餃子の王将に行ってしまう。僕をそこへいざなうのは、言わずもがな餃子定食である。特大の餃子が二人...
  • 裸婦との声無き対話 山本真也さんのプロフィール
山本真也さん
  • 『いとしのエリー』の禁忌
  • 夏が来ると、そうめんを食べたくなる。と言うより、そうめん付いて来ると、今年も夏が来たなあと思う。他にもそういうことが幾つかあって、桃が旬で甘くなり、値も下がり、...
  • 裸婦との声無き対話 山本真也さんのプロフィール
山本真也さん
  • ハゲマッチョの逆襲
  • 祖父は三十路にして、つるっパゲだったという。三歳の私は、顔面が半分までデコだった。中学生の時にヘアチェックすると、「赤から黄」と言われた。いわゆる“頭皮信号”―...
  • 裸婦との声無き対話 山本真也さんのプロフィール
山本真也さん
  • 大江戸オバサン狂騒曲
  • オバサンは良く喋るオバサンは美術館が好き日本人は印象派が好き印象派の殿堂、パリのオルセーが改装中様々な偶然が重なり、今、東京の大美術館はオルセーからの貸し出し品...
  • 裸婦との一分間の対話 山本真也さんのプロフィール
山本真也さん
  • ピカソの快便は僕を蹴飛ばす
  • パブロ・ピカソのことを考える。それはワールドカップでスペインが活躍しているからでなく、キャンバスの前、彼の如く描きたいと思うからだ。ピカソは排泄するように絵を描...
  • 裸婦との一分間の対話 山本真也さんのプロフィール
山本真也さん
  • ビビに寄せて
  • 愛犬のビビが亡くなりました。共に過ごした12年の歳月、沢山の幸せとハプニングをくれました。彼はれっきとした純血のチワワでしたが、骨格が大きく体重は5キロ超で、散...
  • 裸婦との一分間の対話 山本真也さんのプロフィール
山本真也さん
  • 画家で良いのか、俺?
  • 先日、美術解剖学会のワークショップに参加する為、上京した。東京駅を歩いていると、突然二人の警官に囲まれる。「はい、ちょっと失礼します。」俺の体を弄る二人。公衆の...
  • 裸婦との一分間の対話 山本真也さんのプロフィール
山本真也さん
  • 絵と人生は似ている
  • 何かを決断した後、違う道を選んだらどうだったろうと考える。現実はこの一つしかなく、いくら考えても実際的な影響は無いのだが。しかし同時に思うのは、どんな道を辿って...
  • 裸婦との一分間の対話 山本真也さんのプロフィール
三十郎さん
  • オラス・ヴェルネのアトリエ
  • L'Atelier d'Horace Vernetはシャーロック・ホームズ(1854-)の大伯父、エミール・ジャン・オラス・ヴェルネ(1789-1863)の作品。フェンシングをしている右の男がヴェル...
  • 翻訳blog 三十郎さんのプロフィール
智太郎さん
Otiumさん
  • ゴッホのサン・レミー・ド・プロヴァンス
  • 【プロヴァンス旅行  その4】旅行の途中でこのあたりで1泊しなければという理由だけで、サン・レミー・ド・プロヴァンス(Saint Rémy de Provence)で宿泊し
  • エスカルゴの国から Otiumさんのプロフィール
Otiumさん
  • フランスで画家の足跡をたどるのは楽しい (ゴッホ)
  • 【プロヴァンス旅行 その3】人々に感動を与える仕事を残したり、社会の貢献した人は、この世に生を得た価値があったと満足でくるので幸運な人生だったと羨ましく思います
  • エスカルゴの国から Otiumさんのプロフィール
山本真也さん
  • 十四歳の譜面
  • サイモン&ガーファンクルのコンサートに行った。中学二年の時、野球部で万年補欠だった私はバットをギターに持ち替え、初めて弾き語ったのが『冬の散歩道』と『四月になれ...
  • 裸婦との一分間の対話 山本真也さんのプロフィール
kenさん
  • 天才画家モネ
  • 私はモネの”日傘の女性””田舎道の風景(正式な名称はわからない)”が好きです。彼の絵画は別格です。見る者を異次元に連れて行ってくれる魔法の絵です。彼の絵を見てい...
  • 天才の秘訣 三輪有子さんから教えてもらった事 kenさんのプロフィール
山本真也さん
  • 勝負したい
  • 時折、何故絵を描くのかと尋ねられる。十代の後半は小説を書いていた。『3on3』というタイトルで、一期一会・前後裁断を標語に、コンパ原理主義同盟なるサークルを結成...
  • 裸婦との一分間の対話 山本真也さんのプロフィール
山本真也さん
  • 人のあっぱれを壊すな
  • WBCが終わった、最高の形で。月並みですが、感動した。最も痺れたのは、やはり決勝戦の延長10回表、イチローが決勝の2点タイムリーヒットを放った場面。あの舞台を用意...
  • 裸婦との一分間の対話 山本真也さんのプロフィール
山本真也さん
  • リビドーの翻訳家
  • ボンジョヴィを聴いていると筆が縦に、スティーヴィーワンダーを聴いていると筆が横に揺れてしまう。では絵を描く際のBGMはと言うと、フラメンコがぴったり来る。あまりに...
  • 裸婦との一分間の対話 山本真也さんのプロフィール
山本真也さん
  • ヤツに気を付けろ
  • 無事、個展が終わりました。本当に沢山の方に来場頂きました。本当に有難う御座いました。絵自体への御意見の他、個展をやる際の心構え、今後の発表の指針等、様々勉強に...
  • 裸婦との一分間の対話 山本真也さんのプロフィール
山本真也さん
  • 青春の断面図
  • 俺は画家だ。しかし絵は手段であって、目的ではない。画面作りには興味がない。作るよりむしろ壊すことだ。日常生活用のバランス感覚、倫理の薄汚れた外套を脱ぎ捨て、本能...
  • 裸婦との一分間の対話 山本真也さんのプロフィール

トラックバックコミュニティを作ろう

トラコミュ検索ヘルプへ

あなたの興味があるテーマは他のブロガーも気になっているかもしれません、メンバーであればトラックバックコミュニティを作成できます。

のしてんてんさん: 簡単お絵かきソフトで遊びながら、しあわせにいて考えています。あなたもやってみませんか?Otiumさん: フランス人たちの普段着姿、食べ物の話題、面白いと思ったこと、発見したことなど、気ままに書いています秋水時鶏さん: 一介の芸術学士が読破した本をばりばり紹介していく書評ブログです。
のしてんてんさんOtiumさん秋水時鶏さん
三池走次郎さん: 人名や地名や生物名やその他固有名詞のダジャレ小話を作った集めていくサイトです。智太郎さん: 18歳に交通事故で脳挫傷。脳が半分になり1ヶ月間意識不明。後遺症と闘い日大建築学科時代から現在まで。山本真也さん: 裸婦クロッキー中心に作品を公開。
三池走次郎さん智太郎さん山本真也さん

関連トラコミュ

  •  
社会問題 一般社会・社会全般漫画、マンガ、まんが、コミック
社会問題 一般社会・社会全般漫画、マンガ、まんが、コミック
日常の小さなできごとを愛する生活ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活音楽、ミュージック
日常の小さなできごとを愛する生活ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活音楽、ミュージック
ジャンル関係無しなんでもレビュー外国映画、洋画書評、レビュー
ジャンル関係無しなんでもレビュー外国映画、洋画書評、レビュー
読書オールジャンル日記災害・地震・防災
読書オールジャンル日記災害・地震・防災
芸術(藝術)神社、仏閣美術
芸術(藝術)神社、仏閣美術
美術館、博物館、ミュージアム絵画、絵芸術家、アーティスト(芸術)
美術館、博物館、ミュージアム絵画、絵芸術家、アーティスト(芸術)
歴史人物、人物、人物評伝本・感想・評論・レビュー日記・ひとり言 なんでも話題
歴史人物、人物、人物評伝本・感想・評論・レビュー日記・ひとり言 なんでも話題
登山を楽しむ♪写真旅行旅行とグルメと食べ歩き!
登山を楽しむ♪写真旅行旅行とグルメと食べ歩き!
日々の写真と旅の写真韓国 / 大韓民国ニュージーランド
日々の写真と旅の写真韓国 / 大韓民国ニュージーランド
旅海外での出来事愛犬を優先に!お出掛け♪
海外での出来事愛犬を優先に!お出掛け♪
世界一周!世界遺産に行ってみよう!一人旅での写真山
世界一周!世界遺産に行ってみよう!一人旅での写真
*横浜*で・・み〜つけた〜♪ぶらっと国内旅行THE BUS (バス)
*横浜*で・・み〜つけた〜♪ぶらっと国内旅行THE BUS (バス)
台湾 / 中華民国ディズニーを心から愛する人!フィリピン
台湾 / 中華民国ディズニーを心から愛する人!フィリピン
タイ旅行記海外旅行記歴史への旅(日本)
タイ旅行記海外旅行記歴史への旅(日本)

画家の足跡を辿ってトラコミュについて

  •