Relax&Resort Angkor

Relax&Resort Angkor
管理画面

参加メンバー

リラリゾ アンコール ゲストハウスさん桜田 史弥さん
リラリゾ アンコール ゲストハウスさん桜田 史弥さん

Relax&Resort Angkorトラコミュ・データ

Relax&Resort Angkor トラコミュ トピック

書き込み数:0/0(週/総数) アンコールワット遺跡
2015/09/06
14:42
リラリゾ アンコール ゲストハウス リラリゾ アンコール ゲストハウスさんのプロフィール
アンコール・ワットは、カンボジアにあるアンコール遺跡の一つで、遺跡群を代表する寺院建築。サンスクリット語でアンコールは王都、クメール語でワットは寺院を意味する。大伽藍と美しい彫刻からクメール建築の傑作と称えられ、カンボジア国旗の中央にも同国の象徴として描かれている。 12世紀前半、アンコール王朝のスーリヤヴァルマン2世によって、ヒンドゥー教寺院として30年を超える歳月を費やし建立される. 。 1586年、ポルトガル人のアントニオ・ダ・マグダレーナ(英語版)が西欧人として初めて参拝し、伽藍に対する賛辞を残している。1632年(寛永9年)、日本人の森本右近太夫一房が参拝した際に壁面へ残した墨書には、「御堂を志し数千里の海上を渡り」「ここに仏四体を奉るものなり」とあり、日本にもこの仏教寺院は知られていたことが伺える。1860年、寺院を訪れたフランス人のアンリ・ムーオ(英語版)の紹介によって西欧と世界に広く知らされた。

新しくレスする(書き込む)

ハンドル名
ブログURL
本文